相続対策概要  



 
 相続と言えば貰えることを第一に考えがちです。しかし、負の遺産は相続しないで放棄すべきです。資産承継対策か相続税対策かと言えば、順番としては相続税額を知ることでしょう。あればあるほど争続になりがちです。


     @相続税額を把握する

     A相続税対策
          節税対策
          納税対策

     B財産承継対策 ・ 財産活用対策

        上記の順位でするのが望ましいと思われます。

     ☆資産承継を第一順位にした場合

      ・他の相続人から反感を持たれる
      ・遺留分の請求をされる
       よって、争続となる可能性が高い。

 それでもという人は遺留分も含めた承継対策・節税対策・収益対策・納税対策を行う必要があります。現金・土地・収益マンション、相続税評価額は同じでも、必要性から考えるとそれぞれの価値、金額が違います。資産承継対策を参考に。