マンション再生


築7年から10年経過のマンションは、鉄骨造・鉄筋コンクリート造にかかわらず、間取りの悪さやリフォーム状況で空室が増えています。空室の原因は、リフォームだけでなく、客付け業者も原因で、案内しても決まらないから案内しなくなっています。しかし、決まらない原因は賃料設定に問題があることもあります。

【主体的原因】 賃料設定・リフォームと間取り・客付け

【環境・相場的原因】 周辺の需要が減少、売買物件に客が流れている


 空室大の賃貸マンションの再生・・・改装費用が必要
  共用部分・各部屋・外装等・・・どこまでするか、できるか?
  改装・リフォーム後・・・家賃設定をいくらにできるか?
  保証金・礼金・・・いくらで設定できるか?

☆空室大の賃貸マンションを現状維持できるか、再生させるか、または、売却したほうがいいか、調査分析を無料で致します。(大阪府下とその近郊)